中古住宅 適正評価で中古住宅市場を活性化へ

日本の住宅は、古くなると資産価値が下がり、まだ使える状態でも取り壊されることが多い。耐震や環境などの性能が価格に反映されないからだ。そうした矛盾を解決し中古住宅市場を活性化することで、ストック型社会へ転換しようという動きが高まっている。 ■中古住宅の適正評価がストックにつながる 不動産や建築など業界を横断する有志団体「ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more